光触媒の株式会社ガイア
東京都江東区亀戸1-10-9 Tel:03-5875-5851 Fax:03-5875-5852 Mail:info@gaea-hikari.com
 
現在位置:HOME電解水
 
最新情報
光触媒とは?
光触媒ガイアの挑戦
光触媒加工液の製品案内
株式会社ガイアの会社概要
光触媒加工液の試験データ
VOCの現状と課題
 

新型インフルエンザ対策

光触媒についてお問い合わせ
株式会社ガイアのリンク集
株式会社ガイアのサイトマップ
光触媒の株式会社ガイア英語のページ
画像の○をクリックすると詳細内容に飛びます。
 
電解水
ガイア電解水事業公式サイトはこちら
 
電解水1 トップ トップ トップ トップ トップ トップ トップ トップ      
電解水2
pH2.7 殺菌効果テスト
 
pH10.5
バイオマイザー及びエコマイザーとも土壌pHを植物適正pH値(pH5.5~7.0)の間に固定する力があります。 この表からみると、急速に土壌pHを改善させるための適当な散布量は、土1kgにつき1L~2Lの間と考えられます。
 
pH9.5
 
pH13.0
 
pH11.5 食品分野における GAEA water の応用
GAEA waterは水酸化ナトリウム(カリウム)、界面活性剤を含む洗浄に代価することが可能です。
(特に油、タンパク、脂肪の除去に有効です。)
 
土壌のpH管理について
(1) 海砂(pH9.22)、黒砂(pH5.35)をそれぞれ1kg使用して検証しました。
(2) ガイアウォーターバイオはpH2.65、ガイアウォーター13.5はpH11.50をそれぞれ500cc(0.5L)・1000cc(1.0L)・2000cc(2.0L)・3000cc(3.0L)使用して検証しました。
 
pH12.5
 
pH12.0
強い殺菌能力を持っている「GAEA water」ですが、欠点は残留性が無い事です。 残留性を高める為、界面活性剤を含む市販洗剤(家庭用食器洗い洗剤)を利用し、菌の抑制能力を上げました。 農薬の代替として利用可能です。
洗剤には病原菌の細胞壁の破壊、酸素タンパク質の変質による殺菌効果があります。 残留性もあります。
により希釈使用が可能です。
 
pH2.5
○ 植物病原は、土壌、農薬、肥料障害にあると言われています。
○ 土中の農薬や肥料を物理的に処理し、病害虫や病原菌の制圧、抑制が出来れば、土壌は植物育成に適した環境となり、抵抗力の強い健康な野菜や果物が沢山育ってきます。 (当然、農薬や化学肥料の使用料は必然的に抑えられます。)
○ その他、農業従事者の方々の健康や安全面にも寄与できる事、無農薬、有機ニーズといった消費者ニーズにも合致する事、そして何よりも小さな経費でこれらが実施できるのです。
 
 
 
  
お問い合わせはこちらからおねがいします。
 

 
光触媒加工液の株式会社ガイアトップ

Copyright (c) GAEA Allright Reserved.