光触媒の株式会社ガイア
東京都江東区亀戸1-10-9 Tel:03-5875-5851 Fax:03-5875-5852 Mail:info@gaea-hikari.com
 
現在位置:HOMEバッテリーメンテナンス
 
最新情報
光触媒とは?
光触媒ガイアの挑戦
光触媒加工液の製品案内
株式会社ガイアの会社概要
光触媒加工液の試験データ
VOCの現状と課題
バッテリーメンテナンス
光触媒についてお問い合わせ
株式会社ガイアのリンク集
株式会社ガイアのサイトマップ
光触媒の株式会社ガイア英語のページ

バッテリーメンテナンス事業

バッテリーメンテナンス
ガイアバッテリーメンテナンス公式サイトはこちら
はじめに
 
私たちは呼吸をするだけでもCO2を排出しています。
 
工業製品に囲まれた生活を手放す事はできず、
電化製品を使い、自動車に乗り、ペットボトル飲料を購入して紙製品を大量に消費します。
 
それらは製造から廃棄、そしてリサイクルまでの経路で、多量のCO2が排出されています。
その総量は日本人一人当たりで10トンにもなるそうです。今や地球環境の保全が人類共通の課題となりました。
 
そんな中で日本が目指す環境立国とは、
単に環境に配慮するということではなく、環境と経済が共生することを意味しています。
 
以上の様な事から環境貢献型の事業に取り組むことが
好業績に繋がるようなビジネスモデルがあらゆる産業に求められ、
環境プレミアムとなる付加価値がある商品やサービスを選択することが新しいステータスになっています。
 
弊社は、地球環境に貢献できる活動として鉛バッテリーメンテナンス事業を推進し
皆様にもご提案させていただけたらと思っております。
バッテリーメンテナンス事業提案書 バッテリーとは? 蓄電池とは?     
 
バッテリーメンテナンス事業提案書
メンテナンス形成剤ガイアリバースパンフレット[PDF]
バッテリーとは?
 
車についている装置は、ほとんどが電気で動いています。
 
その電気を発電しているのがオルタネーター(ダイナモ)で貯蓄・供給をしているのがバッテリーになります。
身近なもので言うとバッテリーは(電池)にあたります。
 
これらは、エンジンの回転をオルタネーター(ダイナモ)に伝えて発電しそれをいったん、
バッテリーに蓄えて電気を各電装品に供給していきます。
 
これらは個々の車両の電気の使用量と、供給量を考えて設計されていますが、オルタネーターが弱ってきたり、
バッテリーが劣化してきたりした場合、最後にはエンジンがかからなくなってきます。
 
蓄電池とは?
 
鉛蓄電池とは1859年にフランスで発明されました。原理は今も全く変わっていません。
 
鉛蓄電池には用途に応じて様々なタイプがありますが、基本的な構造は全て同じです。
他の蓄電池に比べ安価な為、自動車を初め産業界で広く一般的に使用されています。
 
鉛蓄電池の寿命は、用途によって異なりますが、平均すると2~3年です。
 
従って、寿命を三年間仮定すると現在世界で約億個、
日本国内で1億6千万個のバッテリーが使用されていることになります。
 
一方、廃棄物の観点から見ると、
 2~3年に一度これら大量の鉛蓄電池が廃棄物として捨てられている現状があります。
 
 
お問い合わせはこちらからお願いします。
 
出展履歴 2010/03/9 ~ 2010/03/11 バッテリーメンテナンス
 
光触媒加工液の株式会社ガイアトップ

Copyright (c) GAEA Allright Reserved.